teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 【2/21】NGOで働きたい人へ! 【NGO就職ガイダンス】(0)
  2. 【1/26】NGOで働きたい人へ! 【NGO就職ガイダンス】(0)
  3. 【世界初】現時点の自分のケータイ価格チェックできちゃう!?大学生運営「携ちぇき」リリース!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


「トキの島 森林の楽校2012秋」森づくり体験100%

 投稿者:松本  投稿日:2012年 9月21日(金)11時34分29秒
  ~空舞うトキに、会うために!~

佐渡島でトキの試験放鳥が始まって、9月で丸4年が経ちます。
今年は、自然界でトキが巣立ったことも大きく報じられ、
野生復帰が着実に進んでいます。
JUON NETWORKでは2002年から新潟大学のトキ野生復帰プロジェクト
に協力し、放たれたトキの居場所となる里山づくりを行なってきました。
今後も、空を舞うトキに出会えるよう、
森林の楽校(もりのがっこう)で里山保全活動を継続します。
お気軽にご参加下さい。初心者大歓迎。

【と き】 2012年10月6日(土)~8日(月・祝) 2泊3日
【ところ】 新潟県佐渡市(佐渡島)キセン城
【参加費】 学生・会員9,000円/一般12,000円
 (2泊6食代、交流会費、保険料等)
 ※宿泊なしの場合:学生・会員5,000円/一般7,000円
 ※2日目交流会のみの参加:1,500円程度
 ※部分参加の方は保険・食事代等実費程度いただきます。
 ※当日のご入会でも会員割引が適用されます。
 ※現地までの交通費は各自ご負担下さい。

【内 容】 森づくり体験100%
     トキ野生復帰を助ける、藪払い・田おこし等の里山保全活動
     野生復帰したトキの観察
 ※観察は、トキの動き等によって中止することがあります。
  あらかじめご了承下さい。
【集 合】 佐渡汽船両津港タ-ミナル旅館組合駐車場 15:15
 ※交通に関しては佐渡汽船ホームページをご参照下さい。
      http://www.sadokisen.co.jp/
【定 員】 20名
【締 切】 9月28日(金)
      ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。
【主 催】 新潟大学 超域朱鷺プロジェクト
      JUON NETWORK

【日 程】

※多少の雨でも実施しますが、内容が変わることがあります。
※放鳥されたトキの動きによっても、内容が変わることがあります。
◆10/6(土)
(新潟港12:35発 両津港15:05着カーフェリーが便利)
15:15 佐渡汽船両津港タ-ミナル集合
16:00 楽習会「トキの野生復帰のための自然再生」
19:00 夕食
◆10/7(日)
 7:30 朝食
 9:00 里山保全作業
12:00 昼食・休憩
13:00 里山保全作業
17:00 入浴・食事準備
19:00 夕食・交流会
◆10/8(月・祝)
 6:00 野生トキの観察
 8:30 朝食
 9:30 里山保全作業
      トキの森公園/野生復帰ステーション見学等
12:00 昼食・休憩
13:00 午前の続きなど
15:30 佐渡汽船両津港タ-ミナル解散
(両津港16:05発 新潟港18:35着カーフェリーが便利)
※食事づくりは参加者で行ないます。ご協力下さい。

【その他】
▼よくある質問
「どんな作業をするの?」「体力に自信がない」「持ち物は?」などなど、
森林の楽校に関するよくあるお問い合わせを、まとめました。
http://juon.univcoop.or.jp/faq3.html

▼過去の活動の様子
写真入り記録と参加者の感想など
http://blog.goo.ne.jp/eventjuon/c/4fec4516ee119554081c9d42a18af2a9
http://eventjuon.blog25.fc2.com/blog-category-11.html


【問合せ・お申込み】
認定特定非営利活動法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532 杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内
Tel: 03-5307-1102 Fax: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp
http://juon.univcoop.or.jp/

!!ご注意とお願い!!
※サーバーの相性等によりメールが受け取れないケースがあります。
JUON NETWORKでは、お申込いただいた方には必ずお返事をいたして
おりますので、お申込みいただいて1週間経過してもこちらから
ご連絡が行かない場合は、メールを受け取れていない可能性が
ございます。大変お手数をおかけいたしますが、
その際はお電話いただければ幸いです。

★参加希望の方は以下の申込書に記入又は○をつけ、
juon-office@univcoop.or.jp
までお送り下さい。
FAX、電話、ハガキなどでも結構です。

────────── 申 込 書 ───────────────
「トキの島 森林の楽校2012秋」

名前:
ふりがな:
性別: 男・女
年齢:
所属:
郵便番号:
住所:
TEL:
FAX:
携帯:
E-mail:
森林作業: 初めて ・ 2~3回目 ・ それ以上
JUON NETWORK: 会員 ・ 非会員
交通手段: 公共交通機関 ・ 自家用車
──────────────────────────────
※ご記入いただいた個人情報は、保険の手続きや各種ご案内の送付
に限って利用させていただき、JUON NETWORKにて厳重に管理いたし
ます。また、ご本人より停止等のご連絡をいただいた際には、
速やかに必要な手続きをお取りいたします。

http://blog.canpan.info/juonnetwork/archive/210

 
 

第6期「森林ボランティア青年リーダー養成講座 in関西」

 投稿者:認定特定非営利活動法人JUON NETWORK  投稿日:2012年 9月19日(水)18時21分27秒
  第6期「森林ボランティア青年リーダー養成講座 in関西」

■リーダー講座では・・・
森林を保全する知識や作業を学び、さらに
森と暮らす人とのお話の機会も提供しています。
講座を通して、森を守るだけでなく、
古くて新しい森と人との関係、継続的で切れない関係を
育むきっかけをつかんでみませんか?

【カリキュラム】
─第1回 2012年10月14日(日) 日帰り
 【神戸市】オリエンテーション
─第2回 2012年11月10日(土)~11日(日) 1泊2日
 【兵庫県宍粟市千種町】人工林保全活動、原生林等の視察
─第3回 2012年12月15日(土)~16日(日) 1泊2日
 【兵庫県宍粟市一宮町中坪】人工林保全活動、山村の現状視察
─第4回 2013年 1月19日(土)~20日(日) 1泊2日
 【京都府亀岡市】里山保全活動、炭焼き、里山の現状視察
─第5回 2013年 2月3日(日) 日帰り
 【神戸市】振り返り・安全について等


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■講座情報
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
【対 象】
 18~40歳  ※初心者・経験者問いません!
 ・自然・森林が好きな人
 ・何かきっかけの欲しい人
 ・森を救いたい!と思っている人
 ・継続して活動したい人
 ・林業は難しいと思っている人

【定 員】 10名程度

【参加費】 全5回分(1泊3食(+懇親会)×3回、保険料等)
  学 生: 10,000円(JUON会員: 8,000円)
  社会人: 14,000円(JUON会員: 10,000円)
  ※初回にまとめてお支払い頂きます。
   その際のご入会でも会員割引が適用されます。
  ※一度納入頂いた参加費は、返金いたしません。
  ※都市部から実習地まで、車で移動します。
   分乗にご協力頂いた場合、燃料代等は割り勘精算します。

【締 切】 2012年10月5日(金)
  ※定員になり次第締め切ります。
  ※締切日過ぎてのお申し込みはご相談下さい。

【主 催】 認定特定非営利活動法人JUON(樹恩) NETWORK、
      JUON NETWORK 関西中国地域・青春自然塾
【協 力】 大学生協神戸ブロック、鷹巣活性化委員会、
      宍粟市一宮町中坪自治会、
      亀岡市 森 光信 氏、京都竹炭クラブ
【助 成】 国土緑化推進機構


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■これまでの講座の様子
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
この講座は東京と関西で合わせて18回開講してきましたが、
これまで200人以上が受講し、
先輩リーダーとしてさまざまなかたちで活躍しています。
中には、森林組合に入った人や山村に移り住んだ人もいます。

▼先輩リーダーの声
「森林は自分が思うよりずっと近くにあるんだとわかった」
「木を伐ることは楽しい!」
「仕事に追われる毎日。森でかく汗は、爽やかだった」
「新しいことを始める一歩を、踏み出す大切さを知った」
「普段の生活では知り合えない、たくさんの仲間ができた」
など、この講座を通して、多くの受講生が森林について学び、
またライフスタイルを見直しています。

▼過去の活動の報告はコチラ
http://eventjuon.blog25.fc2.com/blog-category-7.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お申し込み
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▼問合せ・申込先
認定特定非営利活動法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館
Tel: 03-5307-1102/Fax: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp
http://juon.univcoop.or.jp/

▼ご注意とお願い
サーバーの相性等によりメールが受け取れないケースがあります。
JUON NETWORKでは、お申込いただいた方には必ずお返事をいたし
ておりますので、お申込みいただいて1週間経過してもこちらから
ご連絡が行かない場合は、メールを受け取れていない可能性が
ございます。大変お手数をおかけいたしますが、
その際はお電話いただければ幸いです。

▼申込方法
参加希望の方は以下の申込書に記入又は○をつけ、
juon-office@univcoop.or.jp
までお送り下さい。
FAX、電話、ハガキなどでも結構です。
※持ち物・集合などの詳細は、お申し込み頂いた方にご案内差し上げています。
※原則として全ての日程にご参加下さい。

────────── 申 込 書 ───────────────
「第6期リーダー講座 in関西」
名前:
ふりがな:
性別: 男 ・ 女
年齢:
学校名 or 所属名:
郵便番号:
住所:
TEL:
FAX:
携帯:
E-mail:
応募動機:

意気込み:

森林作業: 初めて ・ 2~3回目 ・ それ以上
現地までの移動に: 自家用車を出せる・他車に同乗希望・その他
JUON NETWORK: 会員 ・ 非会員
──────────────────────────────
※ご記入いただいた個人情報は、保険の手続きや各種ご案内の送付
に限って利用させていただき、JUON NETWORKにて厳重に管理いた
します。また、ご本人より停止等のご連絡をいただいた際には、
速やかに必要な手続きをお取りいたします。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■JUON NETWORKとは・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
JUON NETWORKは、自然と向き合う知恵と技を学び伝える場を提供し、
都市と農山漁村の循環と世代をこえた人々のつながりを取り戻します。
それにより、環境の保全改良に取り組み、豊かな未来に向け、
新しい価値観と生活様式を創造していくことを目的としています。
なお、特定の宗教や政党とは関係を持たない非営利の団体です。

http://blog.canpan.info/juonnetwork/archive/213

 

9/28(金)「エクセレントNPOフォーラム」を開催いたします。ぜひともご参加ください。

 投稿者:特定非営利活動法人 言論NPO  投稿日:2012年 9月19日(水)13時05分12秒
   「『エクセレントNPO』をめざそう市民会議」(以下、「市民会議」)は
2012年9月28日(金)18時30分より、日本プレスセンタービルにおいて、
「望ましいNPOとは何か」をテーマに、エクセレントNPOフォーラムを開
催いたします。
 今回のフォーラムでは、市民会議が提案している、エクセレントNPOの評
価基準そのものを議論すると同時に、7月に実施したエクセレントNPO大賞
の審査過程から見えてきた日本の非営利セクターの課題について、エクセ
レントNPO大賞応募団体と審査員が徹底的に議論します。また、この度、
「新しい公共」を担当する中川大臣もご参加して頂くことになりました。
 市民会議は、日本の非営利組織が社会の課題解決で切磋琢磨し、質の向
上を目指す良循環を作り出すことに取り組んでいます。本フォーラムでは、
日本の強い市民社会の在り方について多くの方々と一緒に考える場になれ
ばと思っております。ぜひ、ご参加いただければ幸いです。


■エクセレントNPOフォーラム「望ましい非営利組織とは何か」概要
テーマ:望ましい非営利組織とは何か
     ~「第1回エクセレントNPO大賞」表彰式を踏まえて考えよう~
日時:2012年9月28日(金) 18:30~21:00(開場18:00)
場所:プレスセンタービル10F
     (東京都千代田区内幸町2-2-1 TEL:03-3580-1581)
参加費:無料
内容:第1テーマ:「エクセレントNPO大賞」で何が評価されたのか
   第2テーマ:「望ましい非営利組織」とは何か
スピーカー:
  【2012年度エクセレントNPO受賞団体】
    島田悠司(Youth for 3.11代表、市民賞受賞)
    菅波完(高木仁三郎市民科学基金、課題解決力賞受賞)
    渡邊浩美(スペシャルオリンピックス日本事務局長、組織力賞受賞)
  【2012年度エクセレントNPOノミネート団体】
    徳永由佳(どんぐり1000年の森をつくる会、市民賞ノミネート)
    村井雅清(被災地NGO協働センター代表、市民賞ノミネート)
    菅原睦子(ぱれっと事務局長、課題解決力賞ノミネート)
    大谷順子(子どもの村福岡事務局長、組織力賞ノミネート)
  【エクセレントNPO大賞審査委員】
    田中弥生(日本NPO学会会長、大学評価・学位授与機構准教授)
    武田晴人(東京大学大学院経済学研究科教授)
    島田京子(横浜市芸術文化振興財団専務理事)
    山岡義典(日本NPOセンター顧問)
  【市民会議理事】
    堀江良彰(難民を助ける会事務局長)
    工藤泰志(言論NPO代表)
  【特別参加】
    中川正春(内閣府特命担当大臣)

※本フォーラムは公益財団法人三菱財団の助成を受け、実施いたしております。


■お申込みフォーム
下記項目をご記入の上、「エクセレントNPO」をめざそう市民会議事務
局( Mail:info@excellent-npo.net / FAX:03-3548-0512 )宛にお申
し込みください。
また、こちらのURL(http://www.genron-npo.net/20120928)からも
お申込みできます。


期限:9月26日(水)まで

 9月28日(金)エクセレントNPOフォーラム
【ご出欠】:ご出席  ・  ご欠席
【お名前】:
【貴団体名・貴社名】:
【TEL】:
【FAX】:
【E-mail】:


■「エクセレントNPO」とは
 1998年のNPO法が制定以来、NPOの設立数はいまや4万団体を超えました
が、数は急増したものの、その大多数は経営的に力が乏しく、社会の自発
的な課題解決に取り組む以前に、市民とのつながりが弱く、市民社会を大
きく変える力にはまだなっていません。
 「市民会議」では、こうした非営利組織の組織力としての脆弱性や市民
とのつながりが希薄である点に当初から問題意識を持ち、その質の競争を
もたらし、強く豊かな市民社会への良循環をつくり出すために、非営利の
世界での社会変革のモデルとなるNPOの要因分析を続けてきました。そして、
三年間にわたる作業の末、2010年には望ましい非営利組織像としての「エ
クセレントNPO」の概念を打ち出し、「市民性」「社会変革性」「組織安定
性」の三つを基本条件とする、組織評価の体系としての「エクセレントNPO」
の評価基準を公開し、その普及活動に取り組んできました。
 また、エクセレントNPO大賞は、そうした「エクセレントNPO」を目標に
して非営利組織が競い合い、その動きが市民に可視化されることで、市民社
会に大きな変化を起こすことを目的としています。大賞の詳細はこちらより
ご覧いただけます。
http://www.excellent-npo.net/index.php/ja/report/157-120711e-npo


ご不明な点がございましたら、事務局担当の吉崎・宮浦までご連絡下さい。
よろしくお願い申し上げます。
────────────────────────────────
 + エクセレントNPO事務局
 + Tel/Fax  03-3548-0511/03-3548-0512
 + URL  http://www.genron-npo.net/
 + Address 東京都中央区日本橋1‐20‐7(言論NPO事務所内)
────────────────────────────────
 

【10/6】「日本・インドネシア適正技術会議」のご案内

 投稿者:特定非営利活動法人APEX  投稿日:2012年 9月19日(水)12時57分4秒
  特定非営利活動法人APEX創立25周年記念行事
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「日本・インドネシア適正技術会議-共通で多様な未来を目指せるか-」
 2012年10月6日(土)10:15~17:45
  関連URL:http://www.apex-ngo.org/2012conference.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(趣旨と論点)

今日の世界は、地球・地域レベルの環境問題の深刻化、水・食糧・化石燃料・
鉱産物などの資源的制約、貧富の格差の拡大など、きわめて困難な問題群に直
面しており、それらの問題を解決・緩和していく方策が強く求められています。
これまでの先進工業国の発展を支えてきた近代科学技術の体系は、再生不可能
な資源を大量に消費し、深刻な環境の問題をもたらし、また巨大な格差の構造
をつくりだしていくものでもありました。そこにおける人間と技術の関係性や、
「豊かさ」の実質も問われています。既存の科学技術の体系は、もはや単純に
は「途上国」の目標足り得ないものといえます。先進国側の技術体系のドラス
ティックな転換が求められますが、それとともに、「途上国」がこれからどの
ような発展のあり方を選び、それを支える技術体系を構築していくのかは、き
わめて重要な課題です。

<適正技術>はさまざまな意味で用いられる言葉ですが、概して、それぞれの地
域(とりわけ「途上国」)の社会的・経済的あるいは文化的条件に即し、住民が
参加しやすく、そこにおけるニーズを効果的に充たす技術を指しています。と
ころが適正技術には、当初から、近代科学技術がもたらすさまざまな問題を乗
り越えていく技術という意味もこめられていました。世界人口の大多数を占め
る途上国の人々の立場に立ち、かつ、これまでの近代科学技術のもたらす問題
を乗り越えていく技術群として、適正技術は、今日的な新しい意義を付与され、
実践されていくべきものであると考えられます。

これからの世界の望ましいあり方を構想し、それを実現していくためには、い
わゆる「先進国」と「途上国」の対話と相互理解がきわめて重要です。APEXは
これまで、インドネシアを主なフィールドとして活動してきましたが、日本と
インドネシアの現状を考える時、日本は今まさに、閉塞した困難な状況の中で
大きな転換を求められており、インドネシアは、順調な経済成長を続ける中、
これからどのような発展を選択していくのかが問われています。

この会議では、それらをふまえつつ、これから、日本とインドネシアは、それ
ぞれどのような発展~社会のあり方をめざし、そのためにどのような技術体系
をつくりだしていくべきなのか、そして、それらの転換や発展の間には、どの
ような連携や動的連鎖がありうるのかを論じます。めざされる未来は、資源や
環境の問題、あるいは格差と貧困の問題等を乗り越えていく、という意味では
共通の目標を持ち、一方、それぞれの地域の文化、伝統、自然条件、産業基盤、
社会関係等を背景に、人々に自由に選ばれていく、という意味では多様な未来
であるはずです。


 ▼日時
 2012年10月6日(土) 10:15-17:45

 ▼会場
 JICA研究所国際会議場
  東京都新宿区市谷本村町10-5
  TEL:03-3269-2911
(アクセス)http://jica-ri.jica.go.jp/ja/about/access.html
 ・JR中央線・総武線 市ヶ谷駅より 徒歩10分
 ・都営地下鉄新宿線 市ヶ谷駅 A1番出口 徒歩10分
 ・東京メトロ有楽町線・南北線 市ヶ谷駅 4番/6番出口 徒歩10分

 ▼プログラム

 10:15-10:30 オープニング
 10:30-11:30「経済・社会・環境の調和したインドネシアの発展に向けて」
        ●エミール・サリム(インドネシア大統領顧問団議長、元環境
         大臣)
 11:30-12:15「持続可能な日本社会-エネルギー問題を中心に-」
        ●植田和弘(京都大学教授)
 12:15-13:15 昼食・休憩
 13:15-13:45「持続可能なアジアの構築へ向けての国際的対話・協力の促進」
       (仮題)
        ●加納雄大(外務省国際協力局気候変動課長 、調整中)
 13:45-14:45「インドネシアの持続可能な開発における適正技術の役割」
        ●アントン・スジャルウォ(ディアン・デサ財団ディレクター)
 14:45-15:00 休憩
 15:00-15:45「低炭素社会へ向けての産業構造・技術体系の構築」
        ●西岡秀三(地球環境戦略研究機関研究顧問、予定)
 15:45-16:30「適正技術と代替社会」
        田中直(特定非営利活動法人APEX代表理事)

 16:30-17:45 シンポジウム「日本とインドネシアの共通で多様な未来に向けて」
        ●座長:村井吉敬(早稲田大学アジア研究機構上級研究員・教授)

 ▼言語
 日本語・英語(通訳付き)

 ▼参加費
 一般 2,000円 学生 1,000円 APEX会員 1,000円(資料代含む。懇親会費別)
 懇親会3,000円(場所=JICA研究所内レストラン)

 ▼主催
 特定非営利活動法人APEX

 ▼協賛
 国際協力機構(JICA) アジア・コミュニティ・センター21
 株式会社コープクリーン 積水アクアシステム株式会社
 日本国際ボランティアセンター ブリッジ エーシア ジャパン
 シャプラニール=市民による海外協力の会 開発教育協会(DEAR)

 ▼後援
 外務省 国際協力NGOセンター(JANIC)


  ▼お申し込み方法
  メール・電話・FAXにてお名前とご連絡先(メールアドレスまたは電話番
  号)をお知らせください。
  ウェブサイトからもお申込が可能です。
  http://www.apex-ngo.org/2012conference.html

▼お申し込み/お問い合せ先
  特定非営利活動法人APEX
  TEL:03-3875-9286  FAX:03-3875-9306
  〒110-0003 東京都台東区根岸1-5-12井上ビル
  E-mail:tokyo-office@apex-ngo.org
  URL:http://www.apex-ngo.org/

http://www.apex-ngo.org/2012conference.html

 

自然体験活動指導者養成研修 in みどり市

 投稿者:認定特定非営利活動法人JUON NETWORK  投稿日:2012年 9月19日(水)12時57分0秒
  平成24年度文部科学省委託事業「体験活動推進プロジェクト」
自然体験活動 全体/補助 指導者養成研修 in みどり市
(第8回「エコサーバー・リーダー養成講座~子ども農山漁村交流プロジェクト編~」)

【と き】 2012年10月6日(土)~8日(月・祝) 2泊3日

【ところ】 サンレイク草木
      〒376-0302 群馬県みどり市東町草木1654-1
      (わたらせ渓谷鉄道「神戸」駅より、路線バス)
      http://sunlake-kusaki.net/

【内 容】
森林環境教育の事例と企画立案方法を実習と座学で学びながら、
小学校が実施する1週間程度の自然体験活動を支援するための
「全体指導者」を養成する講座です。(2科目計3時間だけ受講し
「補助指導者」を取得することもできます。)
PLT(Project Learning Tree)も紹介します。

この講座を受講することにより、
独立行政法人国立青少年教育振興機構を通して
自然体験活動指導者として登録されることになります。
また、
・エコサーバー・リーダー(JUON NETWORKの資格)
・CONE学校支援リーダー(別途登録料が2,000円かかります)
を取得することができます。
※制度や資格の詳細は「続きを読む」にて末尾をご参照下さい。

【参加費】
17,000円程度(調整中)
※2泊6食分の宿泊食事代。
※1週間前を過ぎてのキャンセルは、キャンセル料を申し受けます。
※補助指導者の2科目計3時間のみを受講される場合: 無料

【定 員】 20名
【締 切】 9月28日(金)
      ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。
【主 催】 NPO法人自然体験活動推進協議会(CONE)
【企画・運営】 認定NPO法人JUON(樹恩) NETWORK

【集合・解散】
◆10/6(土)1日目
13:00 現地集合 ※昼食を済ませてお集まりください

◆10/8(月・祝)3日目
13:00 学校教育における体験活動の意義(補助指導者 該当科目)
14:30 教育課程と体験活動の関連性(補助指導者 該当科目)
16:00 まとめ、ふりかえり
17:00 現地解散

【講 師】
佐藤敬一(東京農工大学准教授)
鹿住貴之(JUON NETWORK事務局長)


【アクセス例】
あくまで参考例です。当日までに変更になる可能性もあります。
今一度各自でご確認の上、ご計画ください。

《往路》
◆わたらせ渓谷鉄道「神戸」駅より、東町路線バス
http://www.city.midori.gunma.jp/section/00kousitu/05kikaku/rosen_bus.htm
美術館線 or 沢入線にて「国民宿舎」下車
神戸12:10→国民宿舎12:24

◆在来線で新宿から神戸へおいでの場合:
新宿7:48→(JR埼京線 大宮行)→赤羽8:02
赤羽8:07→(JR宇都宮線 ラビット・宇都宮行)→小山9:00
小山9:24→(JR両毛線 高崎行)→桐生10:27
桐生10:36→(わたらせ渓谷鉄道 間藤行)→神戸11:30

◆新幹線で東京から神戸へおいでの場合:
東京8:36→(あさま509号・長野行)→高崎9:28
高崎9:47→(JR両毛線 快速いろどり両毛・小山行)→桐生10:27
※臨時列車。全車グリーン指定: 750円。
桐生10:36→(わたらせ渓谷鉄道 間藤行)→神戸11:30

《復路》
◇路線バス以外は省略します。
国民宿舎15:40→神戸15:54
国民宿舎16:56→神戸17:13


【問合せ・申込み】
認定NPO法人JUON(樹恩) NETWORK
〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内
電話: 03-5307-1102 FAX: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp
http://juon.univcoop.or.jp/

!!ご注意とお願い!!
サーバーの相性等によりメールが受け取れないケースがあります。
JUON NETWORKでは、お申込いただいた方には必ずお返事をいたし
ておりますので、お申込みいただいて1週間経過してもこちらから
ご連絡が行かない場合は、メールを受け取れていない可能性が
ございます。大変お手数をおかけいたしますが、
その際はお電話いただければ幸いです。

★参加希望の方は下記の申込書に記入又は○をつけ、
juon-office@univcoop.or.jp
までお送り下さい。

------------申 込 書-------------
自然体験活動指導者養成研修 in みどり市
名前:
ふりがな:
性別:男・女
年齢:
所属:
郵便番号:
住所:
TEL:
FAX:
携帯:
E-mail:
JUON NETWORK: 会員 ・ 非会員
交通手段: 公共交通機関 ・ 自家用車
------------------------------
※ご記入いただいた個人情報は、保険の手続きや各種ご案内の送付
に限って利用させていただき、JUON NETWORKにて厳重に管理いた
します。また、ご本人より停止等のご連絡をいただいた際には、
速やかに必要な手続きをお取りいたします。



■自然体験活動指導者とは
昨年度から施行された新学習指導要領には、道徳や総合的な学習の
時間を使って自然体験活動等の体験活動を行うよう明記されました。
本研修は、そうした学校教育現場で自然体験活動を支援する
「自然体験活動指導者」の養成研修です(平成20年度から
実施されており、今年度が最後となる見込みです)。
本研修を受講すると、独立行政法人国立青少年教育振興機構を
通して、小学校等が実施する自然体験活動を支援するための
指導者として登録されます。
研修時間数により、2種類の指導者があります。
<全体指導者> 2泊3日全参加
・ 青少年の体験活動を指導する
・ 小学校等が実施する体験活動に対して助言・調整を行う
<補助指導者> 3日目午後の3時間のみ受講
・ 全体指導者の指示で青少年の体験活動の指導補助を行う
・ 教員等の指導補助として、青少年の健康、安全等生活にかかわる指導を行う


■エコサーバーとは
森林と環境問題を学び、日常生活を通じて自然と調和した社会づく
りに貢献できることを目的にした検定。認定特定非営利活動法人
JUON(樹恩) NETWORKが主催しています。ボランティア活動を
始めるきっかけを提供し、活動のリーダーへとステップアップする
ために3段階で構成されています。
持続可能な社会を再構築するために、農山漁村と都市を結びながら
森林・土・風土と私たちとのつながりを取り戻そう。

第1段階「サポーター」
  森林・環境問題の基礎知識取得(セミナーと筆記試験)
第2段階「リーダー」
  森林環境教育/林業体験のリーダー養成(座学と実習)
第3段階「シニアリーダー」
  スキルアップしたリーダーとして、体験プログラムの
  立案・指導ができる人材の養成(座学と実習)
第4段階「コーディネーター」
  ボランティア活動を地域とともにプロデュース(座学と実習)

■エコサーバー・リーダー養成講座について
エコサーバー・サポーター資格取得者が本講座を
受けることによってリーダー資格が得られます(サポーター資格を
持たずにエコサーバー・リーダー養成講座を先に受けることもでき
ますが、その場合は後からサポーター試験に合格することによって
リーダー資格が得られます。なお、今回の講座では期間中にサポー
ター試験を実施しますので、講座を受講いただければリーダー資格
を得られます)。また、リーダー資格を得れば、自然体験活動の共
通資格である「CONE(自然体験活動推進協議会)リーダー」(今
回は「CONE学校支援リーダー」)を取得することが出来ます(登
録料が別途2000円かかります)。
※CONE(自然体験活動推進協議会)については以下を参照下さい
 http://www.cone.jp/

※過去のエコサーバー関係の活動の様子はコチラ
http://blog.goo.ne.jp/eventjuon/c/2415b0d967905eddbda2d601f14cdba0


■認定特定非営利活動法人JUON(樹恩) NETWORKとは・・・
JUON NETWORKは都市と農山漁村の人々をネットワークで結ぶ
ことにより、環境の保全改良、地方文化の発掘と普及、過疎過密の
問題の解決に取り組むことを目的として、1998年4月に大学生
協の呼びかけを受けて誕生したNPO法人です。

http://blog.canpan.info/juonnetwork/archive/211

 

【受付中!】著名人による特別講義と国際協力・理解講座 聴講生募集中!

 投稿者:JHP・学校をつくる会  投稿日:2012年 9月18日(火)18時06分10秒
  「JHP・学校をつくる会」は、学生・社会人の皆様に国際協力・国際理解の
学びと体験の場を設けております。2012年9月から半年間、一流講師による
国内講義(約70回)国際協力講座(約70回)を開講していますので、ご興味
のある方は是非聴講にお越し下さい!

【開講期間】
2012年9月8日(土)~ 2013年3月23日(土)

【講義日程】(水曜日)18:30~20:00 (土曜日)13:30~15:00・15:15~16:45
・9月19日(水)五月女光弘『国際社会におけるNGOの役割と官民連携1』
・9月22日(土)五月女光弘『国際社会におけるNGOの役割と官民連携2』、今川幸雄『外交』
・9月26日(水)松本伸夫『国際協力の新しい風(風の学校)-現地中心の自立・自活協力』
・9月29日(土)栗田充治『災害ボランティア論1・2』、岩本宗孝『JHPの活動と私の体験から1』18:30~20:00
・9月30日(日)松本伸夫『丸腰ボランティアの国際貢献』※8:50~10:20、中込祥高『JHP・学校をつくる会の活動について』※10:30~12:00
・10月3、10、17、24日(水)青木一能『遥かなる大地・アフリカ』
・10月6日(土)今川幸雄『カンボジアにおける戦争と平和1』、松本伸夫『カンボジアPKOと国連ボランティア』
・10月13日(土)朝日由実子『カンボジアの伝統的衣服文化と社会』
・10月20日(土)山崎裕人『警察分野の国際協力と海外における安全対策』、篠原勝弘『民間援助・カンボジア教育支援について』
・10月27日(土)藤井石根『エネルギー政策の方向性』
・10月31日(水)佐高信『電力対国家』

【講義会場】
〒108-0014 東京都港区芝5-26-16
読売理工学院ビル6F JHP・学校をつくる会 教室
JR田町駅西口、地下鉄三田線・浅草線三田駅A3・A7出口より徒歩2分
※9/29・30のみ代々木オリンピックセンターで実施

【募集人数】
35名
【受講料】
1300円(1講義)/回数券6500円(6講義分)当日頂きます。
【申し込み方法】
事務局に電話またはメールでご連絡ください(氏名・連絡先・受講希望日を明記)
初回のみ受講時にエントリーシートをご記入いただきます。
2回目以降はメールや電話、FAXの連絡のみで構いません。

【申込受付・問合せ先】
特定非営利活動法人JHP・学校をつくる会(認定NPO法人)
国際ボランティア・カレッジ事務局(担当:田中、浦野)
〒108-0014 東京都港区芝5-26-16 読売理工学院ビル6F
TEL:03-6435-0812 FAX:03-6435-0813
E-mail:college@jhp.or.jp
URL:http://www.jhp.or.jp/college/index.html

http://www.jhp.or.jp/college/index.html

 

カンボジアボランティア3月隊募集中!

 投稿者:JHP・学校をつくる会  投稿日:2012年 9月18日(火)18時05分44秒
  カンボジアボランティア3月隊募集中!
子どもたちの笑顔のために校庭にブランコをたてよう!
【派遣概要】
●活動国:カンボジア
●活動内容:ブランコ遊具の建設
●派遣予定期間:2013年2月28日(木)~ 3月22日(金)(予定)
●募集予定人数:16名
●参加費用:22万円(除く、燃油サーチャージ・空港利用税)
※但し、学生はJHPより7万円の補助をする為、15万円

【派遣説明会】
2012年10月14日(日)13時00分より
2012年8月隊の活動報告会と共に開催
場所:芝浦港南区民センター区民ホール (JR田町駅東口より徒歩10分)
港区芝浦4-13-1都市基盤整備公団トリニティ芝浦1階
入場料:500円(資料代として)
【エントリー方法と締切日】
●来所、電話、Eメールで問い合わせの上、エントリーシートを入手
●締切:2012年11月5日(月)必着。
※事務所へ持参または郵送のみ受付(Eメール、FAX不可)
【選考方法】
期日まで提出されたエントリーシートと11月11日(日)に行う選考会(面接)にて、
派遣者を決定する。
【主催・問合わせ:JHP・学校をつくる会】
〒108-0014 東京都港区芝5-26-16 読売理工学院ビル6F
TEL:03-6435-0812 FAX:03-6435-0813
Eメール:1303_cambodia@jhp.or.jp
担当:清国(きよくに)

http://www.jhp.or.jp/college/index.html

 

JHP・学校をつくる会のボランティア活動報告会 開催!

 投稿者:JHP・学校をつくる会  投稿日:2012年 9月18日(火)18時05分9秒
  JHP・学校をつくる会は、年に数回ボランティア派遣を行っています。
このたびは今年8月のカンボジアでのボランティア活動の報告会を行います。
■日時:2012年10月14日(日)13:00~16:00
■芝浦港南区民センター区民ホール
港区芝浦4-13-1都市基盤整備公団トリニティ芝浦1階
■内容
13:00~15:00 2012年8月隊 報告会
15:10~15:45 2013年3月隊 説明会
■アクセス方法
・JR田町駅東口より徒歩10分
・地下鉄三田線・浅草線三田駅A4出口より徒歩12分
・都営バス(浜95系統、田92系統)八千代橋より徒歩2分
※区民センターには駐車場はありません。
■料金:資料代として500円頂きます。
■主催・問合せ先:JHP・学校をつくる会
〒108-0014 東京都港区芝5-26-16 読売理工学院ビル6階
TEL:03-6435-0812

http://www.jhp.or.jp/college/index.html

 

外国人相談従事者のための意見交換会

 投稿者:特定非営利活動法人ASIAN PEOPLE'S  投稿日:2012年 9月18日(火)17時25分35秒
  APFSは、外国人相談を25年間行っているNPOです。外国人相談を行う中で、外国人相談においては、相談者との間の文化の差異、活動の意義や専門性についての理解の得にくさなどに起因し、相談員がストレスを抱えやすい状況にあると考えました。外国人相談従事者同士が、ストレスと向き合い、解消していくための知恵を出し合っていくことが効果的ではないかと感じます。この度、意見交換会を企画しました。

意見交換会においては、東京大学で留学生相談に日々従事され、臨床心理学がご専門の大西晶子氏をファシリテーターに迎え、日ごろの相談活動における体験を振り返り整理するとともに、より健康に、充実した気持ちで活動参加を継続するために出来る、日々のセルフケアについても考えていきたいと思います。また、APFSが行ってきた、東京都内の相談員を対象とした実態調査の結果も合わせて報告いたします。皆さま奮ってご参加ください。

【日 時】2012年10月13日(土)18:00~20:00
【会 場】板橋区グリーンホール1F 101会議室
     (東武東上線「大山」駅徒歩5分、都営三田線「板橋区役所前」A3出口徒歩5分)
【ファシリテーター】大西 晶子(東京大学国際センター准教授、臨床心理士)
【内 容】
①外国人相談、外国人相談から生ずるストレスとストレスへの対処に関する意見交換
②東京都内で外国人相談に従事する相談員への実態調査結果の共有
【参加費】無料
【申 込】担当・加藤(jotaro33@gmail.com)まで、予めメールにてお申込みください。
     件名を「意見交換会参加希望」とし、本文にご所属、お名前、メールアドレスをご記入ください。
【〆 切】10月10日(水)まで(定員に達した場合、早めに締め切ることもございます。)
【主 催】特定非営利活動法人ASIAN PEOPLE’S FRIENDSHIP SOCIETY(APFS)
※本事業は、ファイザー株式会社「2011年度ファイザープログラム~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援」の助成を受け、実施しています。

http://apfs.jp

 

参加者募集!百名山・巻機山の中腹で原木ナメコを楽しむ!

 投稿者:NPO法人ECOPLUS TAPPO南魚沼やまとくらしの学校  投稿日:2012年 9月18日(火)12時45分12秒
  【日程】2012年10月6日(土)-7日(日)
            2012年10月13日(土)-14日(日)
    どちらでもご都合のつく方でご参加下さい。もちろん、両方参加も大歓迎!

【内容】ブナ林が真黄色に燃え上がる頃、林床には極上の原木ナメコが姿を現します。
集落の皆さんが5年前から地域の名産にしようと取り組んでいる「原木ナメコ」の収穫・運搬・調理などを体験します。
【場所】新潟県南魚沼市清水
【参加費】どちらかお選びください。
(1)10,800円/回(民宿泊)
(2)6,800円/回(公民館での寝袋泊)
(内訳)プログラム費、保険料、食費、交流会費、宿泊費など
【交通費】貸切バス(往復2,000円)
1日目の午前8時新宿駅西口発、2日目の午後3時栃窪発(予定)

【申込方法】
以下にある申込みフォーマットを利用し、メールまたはFAXにてお申し込み下さい。
http://tappo.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&aid=1068&genre=8

【主催・問い合わせ先】
NPO法人エコプラス TAPPO南魚沼やまとくらしの学校
住所:新潟県南魚沼市栃窪1120栃窪集落センター 〒949-6401
tel: 025-782-5103 fax: 025-782-5104  mail:tappo@ecoplus.jp
URL:http://tappo.ecoplus.jp/

http://tappo.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=8&aid=1067

 

レンタル掲示板
/157