teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 【2/21】NGOで働きたい人へ! 【NGO就職ガイダンス】(0)
  2. 【1/26】NGOで働きたい人へ! 【NGO就職ガイダンス】(0)
  3. 【世界初】現時点の自分のケータイ価格チェックできちゃう!?大学生運営「携ちぇき」リリース!(0)
スレッド一覧(全3)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


ノボディゴント 料理ワークショップ&カレーパーティ

 投稿者:ハンガー・フリー・ワールド  投稿日:2012年 7月17日(火)10時54分57秒
  カレー好きの方大歓迎。1度食べたらやみつきになる味に、リピーターも続出! カレーパーティのメニューはエビカレーと豆カレーです(変更する場合もあります)。そのほか、サラダ、デザート、ドリンクの予定。純益は、ノボディゴントとHFWを通してバングラデシュの自立支援のために使われます。

【日時】2012年7月28日(土)
1.料理ワークショップ 10:30~13:00
2.カレーパーティ 13:00~14:45
※遅くなると食事をご用意できない場合があります。遅れる場合は、事前にご連絡ください。

【参加費】料理ワークショップ&カレーパーティ3000円(カレーパーティのみ2500円)
【持ち物】エプロン(料理に参加される方)
【会場】新宿区大久保地域センター 3F調理室(東京都新宿区大久保2丁目12番7号)
【地図】http://www2.odn.ne.jp/ookubo/index.html#accessmap
【交通】
東京メトロ副都心線 東新宿駅から徒歩6分
都営大江戸線 東新宿駅から徒歩7分
JR山手線 新大久保駅から徒歩8分
JR総武線大久保駅から徒歩13分
【定員】20名
【締切】定員になり次第
【申込み】事前にお電話またはE-mailにてお申し込みください。
【主催】ノボディゴント

【連絡先】
特定非営利活動法人ハンガー・フリー・ワールド
TEL:03-3261-4700 FAX:03-3261-4701(担当:西岡)
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-8-13 山商ビル8階
E-mail info@hungerfree.net

http://www.hungerfree.net/event/

 
 

「鳩ノ巣 森林の楽校2012」森づくり体験100%

 投稿者:認定特定非営利活動法人JUON NETWORK  投稿日:2012年 7月12日(木)11時14分56秒
  新宿から電車で1時間半ちょっと。そんな身近な東京の大自然の中で、
気持ちよく森林ボランティア作業を体験しましょう。作業の後は、
ビールを飲みながら、地元で長年 山と暮らしてきた方との交流もあります。

 「森林ボランティアって何をするんだろう?」と不安な人でも大丈夫!
企画を立てる私たち若いスタッフも、ついこの間までみなさんと同じで、
そう思っていました。「自然が好き」「森の中で活動してみたい」
「仲間を見つけたい」そんな人、お待ちしています。
自然の中でリフレッシュしましょう!

【と き】 2012年8月25日(土) 日帰り
【ところ】 東京都西多摩郡奥多摩町棚沢 鳩ノ巣フィールド
      (JR青梅線「鳩ノ巣」駅)

【内 容】 森林作業体験(下刈り、道具の使い方)、
      交流会(清流の川原にて。地元の方も参加)
 ※下刈り: 植林した苗木が光を充分浴びることができるよう、
  柄の長い(人の背丈ほどの)大鎌で、成長の早い草を刈り払う森の手入れ。

【参加費】学生・会員 2,000円/一般 3,000円(交流会費、保険料等)
 ※当日のご入会でも会員割引が適用されます。
 ※交通費は各自ご負担下さい。

【定 員】 20名
【締 切】 8月17日(金) ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。
【主 催】 JUON NETWORK、東京ヤングジュオン


【日 程】

 ※多少の雨でも実施しますが、内容が変わることがあります。
◆8月25日(土)
 9:35 JR鳩ノ巣駅前集合、移動
10:00 開校式、入山
11:30 下刈り
12:30 昼食(お弁当は持参)
13:15 下刈り
14:00 杭作り(ナタの使い方実習)、下山
15:30 道具の手入れ
16:30 交流会、楽習会
18:00 解散

【過去の活動の様子】
▼参加者の声
◇ 都会っ子なので、奥多摩には来たこともなく、来る途中の電車で
居眠りから目覚めたら、すっかり山の中だったのでびっくりしました。
森や自然とは関わりのない学部で学んでいますが、
こういう田舎にくるのも勉強になりました。(10代学生・男性)
◇ 友人に誘われて森林ボランティアに初めて参加しました。
いろいろな話が聞けて、森や木の世界が奥深いことを知り、
楽しかったです。(30代社会人・女性)

▼参加者に書いて頂いた感想文はコチラ↓
http://blog.goo.ne.jp/eventjuon/c/5f66d588cb915daa3979640c6acd732f
http://eventjuon.blog25.fc2.com/blog-entry-17.html

▼朝日新聞の、好奇心旺盛で活動的な世代を応援するサイト「どらく」
http://doraku.asahi.com/
が、以前取材に訪れました。その時の記事がコチラ↓
「森づくりを都市と山村の懸け橋に~」
http://doraku.asahi.com/lifestyle/breath/080822.html


【問合せ・申込み先】
認定NPO法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内
Tel: 03-5307-1102/Fax: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp
http://juon.univcoop.or.jp/

!!ご注意とお願い!!
※サーバーの相性等によりメールが受け取れないケースがあります。
JUON NETWORKでは、お申込いただいた方には必ずお返事をいたして
おりますので、お申込みいただいて1週間経過してもこちらから
ご連絡が行かない場合は、メールを受け取れていない可能性が
ございます。大変お手数をおかけいたしますが、
その際はお電話いただければ幸いです。

★参加希望の方は以下の申込書に記入又は○をつけ、
juon-office@univcoop.or.jp
までお送り下さい。
FAX、電話、ハガキなどでも結構です。

────────── 申 込 書 ───────────────
「鳩ノ巣 森林の楽校2012夏」
名前:
ふりがな:
性別: 男・女
年齢:
所属:
郵便番号:
住所:
TEL:
FAX:
携帯:
E-mail:
森林作業: 初めて ・ 2~3回目 ・ それ以上
JUON NETWORK: 会員 ・ 非会員
交通手段: 電車 ・ 自家用車 ・ その他(     )
──────────────────────────────
※ご記入いただいた個人情報は、保険の手続きや各種ご案内の送付
に限って利用させていただき、JUON NETWORKにて厳重に管理いた
します。また、ご本人より停止等のご連絡をいただいた際には、
速やかに必要な手続きをお取りいたします。

http://blog.canpan.info/juonnetwork/archive/200

 

「パレスチナ難民キャンプでの歯科支援の現状」 

 投稿者:認定NPO法人 パレスチナ子どものキャンペーン  投稿日:2012年 7月11日(水)17時24分16秒
  レバノンには、30万のパレスチナ人が60年以上の難民生活を送っています。
市民権がないために1、福祉や医療の公的なサービスを受けられず、国連やNGOの支援に頼っています。
パレスチナ子どものキャンペーンは、1990年代初めから、現地NGOが難民キャンプで開設した子ども歯科を支援してきました。
現在子ども歯科は5か所の難民キャンプで幼稚園児の検診治療を行い、毎年5千人以上の子どもたちの歯と健康を支えています。

5月に現地を訪問し、子ども歯科の視察と現地スタッフへの研修を実施した歯科医師の中久木康一さんが、
難民キャンプの保健・医療状況、歯科の現状・課題などについて報告します。
中久木さんは、2005年、2006年にもレバノンを訪問し、当時との違いについてもお話しいただきます。

7月28日(土) 午後4時30分~6時30分
 場所:中央大学駿河台記念館  320号室
 報告:中久木康一さん(歯科医師)
 参加:無料

http://ccp-ngo.jp/

 

「トキの島 森林の楽校2012夏」森づくり体験100%

 投稿者:認定特定非営利活動法人JUON NETWORK  投稿日:2012年 7月11日(水)13時56分13秒
  ~空舞うトキに、会うために!~

佐渡島でトキの試験放鳥が始まって、9月で丸4年が経ちます。
今年は、自然界でトキが巣立ったことも大きく報じられ、
野生復帰が着実に進んでいます。
JUON NETWORKでは2002年から新潟大学のトキ野生復帰プロジェクト
に協力し、放たれたトキの居場所となる里山づくりを行なってきました。
今後も、空を舞うトキに出会えるよう、
森林の楽校(もりのがっこう)で里山保全活動を継続します。
お気軽にご参加下さい。初心者大歓迎。

また、オプションコースとして、
新潟大学農学部附属フィールド科学教育研究センターが開催する
公開講座にご参加いただけます。
アカデミックな実習に加え、佐渡島のスギ天然林(林齢約500年)など
を見に行くトレッキングもあります。


【と き】 2012年8月20日(月)~22日(水) 2泊3日
    [オプションコース18日(土)~19日(日) 1泊2日]
【ところ】 新潟県佐渡市(佐渡島)キセン城
【参加費】 学生・会員9,000円/一般12,000円
      (2泊6食代、交流会費、保険料等)
     ※宿泊なしの場合:学生・会員5,000円/一般7,000円
     ※2日目交流会のみの参加:1,500円程度
     ※部分参加の方は保険・食事代等実費程度いただきます。
     ※当日のご入会でも会員割引が適用されます。
     ※現地までの交通費は各自ご負担下さい。
    [オプションコース参加の場合+5,500円(1泊3食)]

【内 容】 森づくり体験100%
     トキ野生復帰を助ける、藪払い・田おこし等の里山保全活動
     野生復帰したトキの観察
 ※観察は、トキの動き等によって中止することがあります。
  あらかじめご了承下さい。
【集 合】 佐渡汽船両津港タ-ミナル旅館組合駐車場 15:15
     ※交通に関しては佐渡汽船ホームページをご参照下さい。
      http://www.sadokisen.co.jp/
【定 員】 20名
【締 切】 8月9日(木) ※締切日過ぎてのお申込みはご相談下さい。
     [オプションコースの締切は、7月26日(木)
      申込先は、新潟大学です。]
【主 催】 新潟大学 超域朱鷺プロジェクト
      JUON NETWORK

【日 程】

※多少の雨でも実施しますが、内容が変わることがあります。
※放鳥されたトキの動きによっても、内容が変わることがあります。
◆8/20(月)
(新潟港12:35発 両津港15:05着カーフェリーが便利)
15:15 佐渡汽船両津港タ-ミナル集合
16:00 楽習会「トキの野生復帰のための自然再生」
19:00 夕食
◆8/21(火)
 7:00 朝食
 9:00 里山保全作業
12:00 昼食・休憩
13:00 里山保全作業
17:00 入浴・食事準備
19:00 夕食・交流会
◆8/22(水)
 6:00 野生トキの観察
 8:00 朝食
 9:30 里山保全作業
      トキの森公園/野生復帰ステーション見学等
12:00 昼食・休憩
13:00 午前の続きなど
15:30 佐渡汽船両津港タ-ミナル解散
(両津港16:05発 新潟港18:35着フェリーが便利)

※食事づくりは参加者で行ないます。ご協力下さい。

◆[オプションコース]-----------------------
8/18(土)~19(日)
新潟大学農学部附属フィールド科学教育研究センター主催
「公開林間実習2012『知られざる森・佐渡島の天然スギ林への招待』」

↓詳細がupされました
http://www.agr.niigata-u.ac.jp/fc/sado_html/pdf/koukairinkan2012.pdf

ところ: 新潟大学農学部付属フィールド科学教育研究センター
      佐渡ステーション(佐渡市小田94ー2)
内容: 大学の演習林にあるスギ天然林や人工林などで、維持管理の実習や
   動物や昆虫の観察を行ないます。また下記の講義などを行ないます。
   講義『佐渡の森と生き物のはなし』(新潟大学 本間航介)
   講義『森と川と海の関係を考える』(新潟大学 崎尾 均)

このオプションコース(公開林間実習)への参加は、各自、
上記URLにある「参加申し込み票」をFax又は封書で、
7/26(木)までに研究センターに直接お申し込みください。

【公開林間実習の、問合せ・申込み先】
新潟大学農学部附属フィールド科学教育研究センター事務室 土田
〒950-2181 新潟市西区五十嵐2の町8050
Fax: 025-262-6594 Tel: 025-262-6672
http://www.agr.niigata-u.ac.jp/fc/

----------------------------------
※オプション終了後から「森林の楽校」本編が始まるまでの
 19日(日)午後~20日(月)の間は自由行動となります。
 この間の宿泊や食事、送迎は手配できます(実費負担)。
 事前に、JUON NETWORK事務局までご相談下さい。

【その他】
▼よくある質問
「どんな作業をするの?」「体力に自信がない」「持ち物は?」などなど、
森林の楽校に関するよくあるお問い合わせを、まとめました。
http://juon.univcoop.or.jp/faq3.html

▼過去の活動の様子
写真入り記録と参加者の感想など
http://blog.goo.ne.jp/eventjuon/c/4fec4516ee119554081c9d42a18af2a9
http://eventjuon.blog25.fc2.com/blog-category-11.html

-・-・-・

【秋の「森林の楽校」のご案内】
実りの秋の時期にも、
「トキの島 森林の楽校2012秋」を開催します。
2012年10月6日(土)~8日(月・祝) 2泊3日を予定しています。
こちらもぜひ、ご予定に入れて頂ければと思います。

-・-・-・


【問合せおよび、オプションコース(公開林間実習)以外の申込み先】
認定特定非営利活動法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)
〒166-8532 東京都杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内
Tel: 03-5307-1102 Fax: 03-5307-1091
E-mail: juon-office@univcoop.or.jp
http://juon.univcoop.or.jp/

!!ご注意とお願い!!
※サーバーの相性等によりメールが受け取れないケースがあります。
JUON NETWORKでは、お申込いただいた方には必ずお返事をいたして
おりますので、お申込みいただいて1週間経過してもこちらから
ご連絡が行かない場合は、メールを受け取れていない可能性が
ございます。大変お手数をおかけいたしますが、
その際はお電話いただければ幸いです。

★参加希望の方は以下の申込書に記入又は○をつけ、
juon-office@univcoop.or.jp
までお送り下さい。
FAX、電話、ハガキなどでも結構です。

────────── 申 込 書 ───────────────
「トキの島 森林の楽校2012夏」

名前:
ふりがな:
性別: 男・女
年齢:
所属:
郵便番号:
住所:
TEL:
FAX:
携帯:
E-mail:
森林作業: 初めて・2~3回目・それ以上
JUON NETWORK: 会員・非会員
交通手段: 公共交通機関・自家用車

オプションコース(新潟大学 公開林間実習): 参加 ・ 不参加

 ※オプションコースのお申し込みは、
  各自、研究センターに直接お願いします。
──────────────────────────────

※ご記入いただいた個人情報は、保険の手続きや各種ご案内の送付
に限って利用させていただき、JUON NETWORKにて厳重に管理いた
します。また、ご本人より停止等のご連絡をいただいた際には、
速やかに必要な手続きをお取りいたします。

http://blog.canpan.info/juonnetwork/archive/199

 

一新塾説明会&体験ワークショップ

 投稿者:近藤芳樹  投稿日:2012年 7月 9日(月)21時00分30秒
   すべての人たちは志を生きられる!

 漠然とした思いでも、きっかけを得れば、志を生きることに憧れを抱き、
内から湧き上がるエネルギーに突き動かされます。そして、目の前の現実
に限りを尽くしてぶつかり、交わり、葛藤し、紆余曲折の歩みの中で、
誰もが志を果たす道を歩んでいけるのです。

 一新塾は、“生活者主権”の新しい日本を創り出す人材を養成するため、
大前研一を創設者として1994年に開講しました。官僚や政治家に全て任せ
きりの無責任なサイレント・マジョリティにとどまることなく、ゼロベース
でビジョンを描き、現場に飛び込み、仲間と協働して、社会創造の作業に
関わっていく3700名の『主体的市民』を輩出してまいりました。

 設立から18年。20代から60代までの幅広い年齢層、そして、ビジネスマン、
経営者、地域リーダー、議員、官僚、ジャーナリスト、デザイナー、学生、
主婦、フリーターなど異なるバックグラウンドを持つ方が問題意識を持って
入塾し、“主義主張を超えて”白熱した議論を展開しています。

 仕事の合間を縫って平日夜間や休日に、仲間で集まって議論を続けたり、
現場視察に出かけたり、そうした積み重ねが、市民発の社会変革プロジェクト
として「政策提言」「社会起業」「市民活動」の計画に纏められ、主体的市民
としての“行動”が続々と生れています。

 大きな試練の時代にあって、道を拓くのは私たち一人ひとりの志であると
思います。ぜひ、全員参加で新しい国づくりに挑戦してまいりましょう。

 一新塾は創設から18周年。
「一新塾第31期説明会&体験ワークショップ」をいよいよ8月から開催します。
ぜひとも、ご参加ください。

NPO法人一新塾
代表理事・事務局長
森嶋伸夫


■■■■■□─────────────────────────────
■■■■            【 参加者募集 】
■■■
■■   一新塾 第31期(11月開講) 説明会&体験ワークショップ
■■■       ~東京・名古屋・大阪で8月より開催!~
■■■■
■■■■■□─────────────────────────────

 説明会の主な内容(予定):
      ●激動の時代を乗り越える自分軸のつくり方
      ●削ぎ落とす学びでミッションを鮮明に!
      ●「自分の人生」と「社会の現実」を交じり合わせる現場主義
      ●「根っこ」と「幹」がつながる目覚めの連鎖
      ●誰もが社会創造に参加できる「志のコミュニティ」とは?
      ●1年間でここまで変る!(学び、発見、成長、同志)
      ●三束のわらじを履こう~「社会起業」「政策提言」「市民プロジェクト」
      ●OB/OGとの交流タイム・質問タイム

----------------------------------------
【東京本科 説明会&体験ワークショップ】
----------------------------------------

 日時:2012年8月22日(水)19:30~21:40
    2012年8月25日(土)15:00~17:30
    2012年8月29日(水)19:30~21:40
    2012年9月 5日(水)19:30~21:40
    2012年9月 8日(土)15:00~17:30
    2012年9月12日(水)19:30~21:40

    *現時点で決定している日程です。9月12日以降の予定は
     決まり次第ホームページに掲載させていただきます。

 会場:一新塾セミナールーム
    (住所)東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
    (地図)http://www.isshinjuku.com/01issin/i_chizu-1.html

 講  師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料(要予約)

 お申込み:一新塾ホームページからお申込みください
      → http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html


----------------------------------------------------
【大阪地域科 説明会&体験ワークショップ】(全2回)
----------------------------------------------------

 日時:2012年9月 1日(土)13:00~15:30
    【会場】「市民交流センターひがしよどがわ」303教室
        (住所)大阪市東淀川区西淡路1-4-18
        (地図)http://www.skc-higashiyodogawa.jp/html/access.html

    2012年9月29日(土)13:00~15:30
    【会場】「難波市民学習センター」第2研修室
        (住所)大阪市浪速区湊町1丁目4番1号 OCATビル4階
        (地図)http://www.osakademanabu.com/namba/


 講師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料(要予約)

 お申込み:一新塾ホームページからお申込みください
      → http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html


-------------------------------------------------------
【名古屋地域科 説明会&体験ワークショップ】(全2回)
-------------------------------------------------------

日時:2012年9月 2日(日)13:00~15:30
    【会場】「ウィルあいち」会議室5
        (住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地
        (地図)http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html

   2012年9月30日(日)13:00~15:30
    【会場】「ウィルあいち」会議室6
        (住所)愛知県名古屋市東区上堅杉町1番地
        (地図)http://www.will.pref.aichi.jp/frame/f-kotu.html


 講師:森嶋伸夫(一新塾代表理事・事務局長)

 参加費:無料(要予約)

 お申込み:一新塾ホームページからお申込みください
      → http://www.isshinjuku.com/03bosu/b2_sietumei.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●問い合わせ先

 特定非営利活動法人一新塾
 〒105-0014 東京都港区芝3-28-2カスターニ芝ビル2F
 Tel 03-5765-2223 Fax 03-5476-2722
 e-mail iss@isshinjuku.com URL:http://www.isshinjuku.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

http://www.isshinjuku.com/

 

マレーシアワークキャンプ

 投稿者:NPO法人CFFジャパン  投稿日:2012年 7月 9日(月)14時31分28秒
  20回マレーシアワークキャンプリーダーのたくろーです!

みんな!夏休みの予定は決まったかな?
まだ決めてない人。悩んでいる人、必見!

この夏NPO法人CFFで
マレーシアワークキャンプに参加して、
貧しい子どものために家を創ろう!!!

ワークキャンプでは家を建てるだけじゃなくて、
生活するために必要な池や、道、を僕たちの手で
つくります!

そう、マレーシアワークキャンプの舞台は、
サバ州ってところにあるジャングルの中!
※サバ州ってところはマレーシアで一番貧困が激しい土地です。
子どもたちが住み始めたばかりのCFFマレーシア子どもの家で
ワークやキャンパー同士でシェア、深い話、子どものことを考えて?いく。
自分自身も成長できるマレーシアワークキャンプに一緒にいきませ?んか?

自分を変えたい!子どもと遊びたい!真剣に国際問題、貧困につい?て
自分自身の目で知りたい!
とか少しでも考えているなら第20回マレーシアワークキャンプに
行って一緒に感じて、考えて、自分にできること、したいことを
見つけよう。

20回マレーシアワークキャンプ日程
8月6日から8月17日 12日間

場所マレーシアサバ州(ボルネオ島)
「子どもの家」建設敷地内

参加費8万9千円

子ども達の笑顔に出会いに行こう。

資料請求はこちら http://www.cffjapan.org/request/

説明会情報
7月14日(土)14:00~16:00(13:45開場)
会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(小田急線「参宮橋駅」より徒歩7分)
地図:http://nyc.niye.go.jp/facilities/d7.html

・お申し込み・お問い合わせは、CFF事務局まで。info@cffjapan.org
申込み状況はこちらからご確認ください http://www.cffjapan.org/blog/news/camp/-2011-cff76.html

http://www.cffjapan.org/

 

ケータイで 救える命 ゴリラ保護

 投稿者:国際青年環境NGO A SEED JAPAN  投稿日:2012年 7月 7日(土)17時25分42秒
  -:*:----:*:----:*-:----:*:----:*:----:*:----:*:----:*:----:*:--

ケータイで 救える命 ゴリラ保護

~一緒にゴリラを救いませんか?~

               A SEED JAPANケータイゴリラ

--:*:----:*:----:*:----:*:----:*:----:*:----:*:----:*:----:*:--

こんにちは!
A SEED JAPANケータイゴリラチームです。

ケータイゴリラは「環境ボランティア見本市2012」に出展します。





■イベントブースでは?

使用済み携帯電話を回収し、リユース、リサイクルで得た収益を

保護団体に寄付することでコンゴのゴリラを守ろう!というキャンペーンを行っています。

大人も子供も楽しめるクイズやエコおもちゃ作りも開催予定です。

いらなくなった携帯電話、スマートフォン、小型家電をぜひお持ちください!




■Shall we ケータイゴリラ?

環境問題や社会問題を身近な問題として伝えていきたい方はもちろん、
ゴリラなど動物が好きな方、生物多様性の問題に興味がある方、

ケータイゴリラってなんだろう?と疑問に感じた方など

様々な方と出会い、共に活動していきたいと考えています。

若さ溢れるバイタリティ豊かな、そして個性的なメンバーが

皆さんとの出会いを楽しみにしています!



気軽にブースまでお越しください。



■出展内容

・不要な携帯電話回収(リユース、リサイクル)

・法人回収受付

・キッズプロジェクト

 →クイズ、エコおもちゃ作りなど


■日時
2012年7月14日(土)10:00~16:00
  〔ケータイゴリラプレゼンテーション〕13:40~13:55

〔ケータイゴリラワークショップ〕10:50~11:35
■場所
国連大学中庭・GEOC
http://www.geoc.jp/access

■環境ボランティア見本市2012 HP
www.geoc.jp/news/12792.html

■facebook

https://www.facebook.com/events/395625200477998/





■環境ボランティア見本市2012とは?

環境ボランティア見本市は、環境ボランティアをやってみたい市民と、

環境団体の出会いを提供するイベントです!



■ケータイゴリラとは?

レアメタル(稀少金属)の採掘や密猟によって傷つけられているゴリラ。

実は、私たちに身近な携帯電話が関係しているのです。

携帯電話に含まれるレアメタルは、

アフリカのコンゴ民主共和国での紛争を助長するひとつであると共に、

森林破壊やゴリラの数の減少の原因となっています。

現状を知り、日本に住む自分たちに何ができるか、

そして多くの人にこの問題を知ってもらいたい、

そう考え生まれたのがケータイゴリラという活動です。



詳しい活動内容はこちらへ!

http://www.keitai-gorilla.org/


Twitterでも呟いています!

http://twitter.com/keitai_gorilla/



■お問い合わせ

国際青年環境NGO A SEED JAPAN

〒160-0022 東京都新宿区新宿5-4-23

TEL:03-5366-7584 FAX:03-3341-6030

E-mail:info@keitai-gorilla.org



ケータイゴリラは5者共同で運営しています。

(企画・制作) A SEED JAPAN/ FLAT SPACE

(協力)白井グループ(株)/エコケー(株)/(株)三光金属

(寄付先)ポレポレ基金/国際ゴリラ保全計画








<広報の文字数に余裕があれば記載↓↓>



(※)リユースの際のお願いと注意事項

・携帯電話端末本体、電池パック、電池パックカバーの3つが必要と

なります。

・予め暗証番号のご確認をよろしくお願い致します。

尚、事前にオールリセット(初期化)をしていただいてからブースにご持参

いただくと受付時間が短縮可能です。ご協力よろしくお願いします。

 (暗証番号が初期設定の場合 au 1234   docomo 0000   softbank 9999)

・携帯電話以外の小型家電、PHS全機種と一部の携帯電話はリユースで

きません。その際はリサイクルをご提案します。

・「リサイクル」にご協力の場合は予めの準備はありません。



■「リユース」と「リサイクル」の選択について

・ブースにて、ご持参いただいた携帯電話を「リユース」するか「リサ

イクル」するかをみなさんにお選びいただきます。

・「リサイクル」を選択された場合、1台あたり約50円~80円を寄付致

します。

・「リユース」を選択された場合、1台あたり300円以上を寄付致します。



■個人情報の保護について
ケータイゴリラ事務局が責任を持って管理していますので、安心して

携帯電話をお持ちください。
<リサイクルの場合>
 携帯電話の電源ボタン部分に専用パンチャーで穴をあけ、

再起動ができない状態にします。
 個人情報は取り出せませんのでご安心ください。
<リユースの場合>
 携帯電話を初期化した後に、専用ソフトを用いて意味のない

数字の羅列を既存のデータに上書きします。

これにより、復旧ソフトを用いてもデータを復元できない状態になります。
 

7/20(金)広尾でイベント開催!「アフリカの話をしよう!」

 投稿者:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン  投稿日:2012年 7月 5日(木)12時26分59秒
  「東アフリカ-みんなが海賊になりたい?-」
「南スーダン-独立したのにお祝いムードじゃない?-」

54もの国々からなるアフリカには、9億人を超える人々が生活しており、ひとくくりで語るのは大変難しい地域でもありますが、それでも今回はあえて、アフリカという大陸に興味を持つ皆さまと、「アフリカの今」について語り合いたいと思います。

ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、これまでシエラレオネやリベリアなどで活動してきました。現在は東アフリカや南スーダンで支援活動を展開しています。

今回のイベント前半ではアフリカ地域を担当するPWJのスタッフが、東アフリカ地域の干ばつや世界で一番新しい国南スーダンの現状を、写真や映像をまじえながら具体的にわかりやすくお伝えします。

後半は、参加者の皆さまの興味のある国やテーマについて、リラックスした雰囲気でご自由にお話しいただく時間としたいと考えています。観光、経済、政治、文化、様々な視点からアフリカについて話しましょう!

皆さまのご参加をお待ちしております!


_____________________________

            イベント詳細
_____________________________

日時:7月20日(金)18:30~20:30

参加費:500円

会場:JICA地球ひろば202号室(東京都渋谷区広尾4-2-24)

最寄駅:東京メトロ日比谷線 広尾駅から徒歩3分

行き方:3番出口の前の道路(外苑西通り)を横断し、カフェ・デ・プレの前を10メートルほど進んだ十字路を右に曲がり、少し進んだ左側にあります。

定員:50名(申込みが定員になり次第、受付を終了させていただきます。)

【プログラム】

18:30 開始(受付18:10~)

18:30 オープニングセッション

18:50 東アフリカ干ばつ-みんなが海賊になりたい?-
現在、ソマリアやケニアを中心とした東アフリカ地域では、「過去60年間で最悪」とも言われる記録的な大干ばつによる食料危機で多くの人びとの生活が脅かされています。被害は内戦が激しい南部ソマリアが特にひどく、住民の多くは隣国のケニアとエチオピアに逃れてきています。ソマリア沖では海賊も多発しています。そんな東アフリカ干ばつの問題は決して日本と無関係ではありません。

19:10 南スーダン-独立したのにお祝いムードじゃない?-
南スーダンは、昨年7月にスーダンから南部10州が独立して誕生した世界で1番新しい国家です。今年1月から自衛隊が国連PKO部隊に派遣され、日本でも注目が集まっています。しかし、独立後も石油の利権をめぐるスーダンとの争いや、部族間抗争が絶えません。また、20年以上に及ぶ内戦の影響で、基礎的なインフラ整備が立ち遅れ、多くの人が、安全な水を手に入れることが難しい状況にあります。そんな南スーダンの現状と、今後の発展についてお話しします。

19:30 みんなでアフリカの話をしよう!
「自由に交流スペース」と「アフリカについて話したい!」スペースをご用意致します。お好きなスペースでお楽しみください。お茶とお菓子もご用意しています。

20:30 終了

主催者:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
    HP http://www.peace-winds.org/

お申込みはこちらから(要予約)
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/42519/

http://kokucheese.com/event/index/42519/

 

著名人による特別講義と国際協力・理解講座 受講生募集中!

 投稿者:JHP・学校をつくる会  投稿日:2012年 7月 3日(火)17時25分42秒
  【期間】
2012年9月8日(土)~ 2013年3月23日(土)
水曜日 18:30~20:00 / 土曜日 13:30~15:00、15:15~16:45(2講義)
【研修内容】
・国内講義:約70講義
・合宿:都内研修施設にて2回(各1泊2日)
・カンボジア現地研修:2月中旬~3月中旬の3週間程度を予定)
【講義会場】
〒108-0014 東京都港区芝5-26-16 読売理工学院ビル6F
JR田町駅西口、地下鉄三田線A7出口・浅草線三田駅A3出口より徒歩2分

【定員】
35名(全科目履修生)
【受講料】
社会人70,000円 学生60,000円(別途カンボジア現地研修費約20万円)
【選択科目履修生】
1講義から選択科目履修生(聴講生)として受講可能。聴講料1,300円
【申し込み方法】
所定「エントリーシート」に必要事項を記入し、「JHP・学校をつくる会
国際ボランティア・カレッジ事務局」宛に郵送又は持参(FAX、E-mail不可)

【説明会】
2012 年 7 月 21 日(土)15時~
2012 年 9 月  1 日(土)15時~
・説明会 会場:JHP・学校をつくる会 事務所
・上記日程が合わない方は個別にご相談下さい。
・選考はエントリーシートと面接により行い、合否は郵送にて通知。

【エントリー受付・問合せ先】
特定非営利活動法人(認定NPO法人)JHP・学校をつくる会
国際ボランティア・カレッジ事務局(担当:田中、浦野)
〒108-0014 東京都港区芝5-26-16 読売理工学院ビル6F
TEL:03-6435-0812 FAX:03-6435-0813
E-mail:college@jhp.or.jp

http://www.jhp.or.jp/college/index.html

 

海と森の恵み・人びとの知恵でサバイバル! インドネシア・ハルク島

 投稿者:NPO法人アジア太平洋資料センター  投稿日:2012年 7月 3日(火)16時36分30秒
  インドネシア・香料諸島に浮かび、時折ジュゴンもおとずれる小さな島、ハルク島。村では暮らしに必要なものを自分で創り出し、みんなで管理し、維持するということがごくふつうに行なわれてきました。しかしその文化もいま、近代化とグローバル化の波の中で揺らぎ、失われつつあります。

このツアーでは、近年まで島に息づいていた伝統的な資源管理システム「サシ」に代表される島の歴史や知恵を学びます。また同時に、農業、漁業、家づくり、調理といった島の暮らしを丸ごと体験することで、人びとが長い間育んできた生き延びる力と知恵を体験します。

魚をとり、木を切り出し、かまどで煮炊きをし・・・といった共同作業も盛りだくさん。島の若者たちとの交流の場では、紛争、環境、家族のことなど、未来についてじっくり語り合いましょう。「本当の豊かさって何だろう?」「自然と調和する生き方・暮らし方を学びたい!」という方におすすめのツアーです。


ぜひお誘いあわせの上ご参加ください!



詳細

旅行日程 2012年9月12日~9月18日(6泊7日)
旅行代金 195,500円(企画費、宿泊費、食費、インドネシア国内移動費含む)

※上記ツアー参加費に加え、燃油特別付加運賃・成田空港税・台北空港税・航空保険料 約23,980円、インドネシアビザ代 25US$、インドネシア空港税 約1,900円が別途、必要になります
(為替レート、原油価格の変動などによる変更の可能性があります)。
※関西など他空港発着も可。
事前学習会 8月24日(金)19:00~21:00 PARC事務所にて(参加費3,000円)
案内人 鈴木隆史さん(桃山学院大学非常勤講師)
1957年生まれ。1985年からインドネシア、ボゴール農科大学へ留学、サメ漁民の村でフカヒレの調査を行った。専門は漁業経済学。

PARCとの付き合いは長く、第1回エクスポージャーの案内人に始まり、これまでに3回インドネシアでコーディネーターをつとめ、参加者を漁村やエビ養殖池に案内した。PARCのAV作品、「エビの履歴書」や「食卓と海」にも映像を提供。

また、PARCや他NGOが中心になって立ち上げた東ティモール市民平和緊急支援 プロジェクトの現地コーディネーターとしても3ヶ月間ディリに滞在。その後2年半、JICAの企画調査員としてディリ事務所でNGO支援などにあたる。2007年の東ティモール大統領、国会議員選挙支援に国連ボランティアとして参加。

現在、桃山学院大学非常 勤講師。インドネシア語講師、翻訳、通訳。 著書、「フカヒレも空 を飛ぶ」梨の木舎、1994年、松野明久編「インドネシアのポ ピュラーカルチャー」めこん1995年など。
申込み締切日 2012年8月2日(木)
※締切日を過ぎてからの申し込みはお問合せください。

プログラム(予定)

9/12(水) 9:40 発成田空港→12:10台北着(台北で乗継)
16:05 台北発→23:00 スラバヤ着
※他空港からの発着も可能です。

宿泊:スラバヤのホテル
9/13(木) 8:05 スラバヤ発→12:40アンボン着
アンボンからハルク島へ船で移動・昼食各自。

宿泊:ハルク島NGOのゲストハウス
9/14(金) 午前:森の中でサゴヤシ伐採からデンプンを抽出する作業を体験。
収獲したサゴヤシ(パベダ)をいただきます。
森の畑で作物収穫(バナナ、キャッサバ、クローブなど)の手伝い。温泉入浴。

宿泊:ハルク島NGOのゲストハウス
9/15(土) 【終日】海で漁師体験やシュノーケリング体験。
※地引網、カヌーで刺し網、一本釣り、船外機船でマグロ釣りなどを予定。現地の都合や天候によりいずれかを実施します。

宿泊:ハルク島NGOのゲストハウス
9/16(日) 日曜日の教会のミサに出席。村人や若者たちと交流。村の中の散策。

宿泊:ハルク島NGOのゲストハウス
9/17(月) 午前:ハルク島からアンボン経由、スラバヤへ移動
午後:スラバヤ近郊のエビ養殖池訪問予定
自由行動など

宿泊:スラバヤのホテル
9/18(火) 6:50 スラバヤ発→15:10台北着(台北で乗継)
16:35 台北発→20:40成田着
ご旅行条件

1)最少催行人員:10人
2)出発空港:成田空港
※関西など他空港発着も可。マイチケットまでお問合せください。
3)添乗員:なし
  ※プログラム企画担当者が同行
4)利用予定航空会社:チャイナエアライン、バタビア航空
5)食事:朝6回、昼3回、夜4回(機内食は除く)
9/13の昼食、9/17の昼・夕食は各自負担となります。
6)利用予定ホテル(スラバヤ):BISANTA HOTELまたは同等クラス
  ※二人で一部屋利用料金
  ※一人部屋追加料金:10,000円
  ※ハルク島では現地NGOのゲストハウスに宿泊します
※事前に詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので、必ず事前にご確認の上お申し込みください。
■旅行企画・実施:エアーワールド株式会社
大阪市中央区内本町2-2-14-207号
観光庁長官登録旅行業961号/日本旅行業協会(JATA)会員
■ツアーへのお問い合せ・申込みは株式会社マイチケットまで
Webサイトhttp://www.myticket.jp/PARC-haruku2012.html
エアーワールド(株)代理店
日本旅行業協会(JATA)協力会員/兵庫県知事登録旅行代理店業第142号
総合旅行業取扱管理者:山田和生
※事前に詳しい旅行条件を説明した書面をお渡しいたしますので、必ず事前にご確認の上お申し込みください。
★「ハルク島に行こう!」連続講座 大阪にて開催!

ハルク島へのエクスポージャー・ツアーに向けて、大阪で連続講座を実施します。ハルク島だけでなく、アジア太平洋の島々の暮らしや文化を広く知り、その課題や人びとの生活の変化も学べます。ぜひご参加ください!

■大阪:【連続講座】 アジアの海域世界を歩く(全5回)各回2,000円 会場:マイチケット
第3回6月29日(金) 19:00 ~21:00
バリ島に“主婦”はいない??女の仕事・家族・ジェンダー~
講師:中谷 文美さん
第4回 7月13日(金) 19:00 ~21:00
「漁民が海を守るしくみ」への取り組み
  氷見・南郷・ボネをつなぐヒトと技術の交流~
講師: 北窓 時男さん
※要申し込み。
お問合せ・申し込みはマイチケットまで
Webサイトhttp://www.myticket.jp/asia-umi-seminar2012.html

http://www.myticket.jp/PARC-haruku2012.html

 

レンタル掲示板
/157