teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


酒匂アナウンサー

 投稿者:時々見てるだけ  投稿日:2010年 1月25日(月)06時53分48秒
返信・引用
  NHK盛岡?に酒匂アナウンサーがいるね。

さっきTVに出ていたよ。

酒豪かもね。
 
 

「諸家大概」

 投稿者:かもひろ  投稿日:2009年 9月 9日(水)22時28分58秒
返信・引用
  河野通古著「諸家大概」
 鹿児島大学図書館所蔵のものを底本として、昭和41年「鹿児島県史料集VI集」として発行されたものです。底本は墨付110丁(220ページ相当)との事です。
 この中で酒匂氏は島津藩の諸士260家の冒頭に紹介されています。
 この文書を既にご存知の方には不要の事でしょうが、お若い方々のために、ここにご紹介いたします。

一 平姓酒匂氏元祖は梶原氏の二男刑部丞朝景相州酒匂を領し為家号候
 朝景事頼朝公に奉仕東鑑に歴然也朝景子左衛門景貞にて候哉 忠久
 公御誕生の時より為御守役其後御入国の致供奉被補御家老候 頼朝公
 御吉例の御母衣の由にて 忠久公へ被進候御幼年の間酒匂致格護御成
 長の時分可致進上との上意と申伝候又酒匂氏には御太刀一腰被下候銘
                  是は内田小兵衛口授と云々
 行親と有之是は長州岩屋にて為作由候此鍛冶天国同時の由候右母衣千
 日不致潔斎候得は拝見不成とて近代拝見したる者無之候御太刀は一年
 に一度つゝ一七日致潔斎銹拭仕候寛文の初一乗院快意法印以貴命被致
 拝見候然共委儀不相知候御母衣に何そ書付過分に為在之と快意咄申候
 由承候酒匂氏自 忠久公至 貞久公五代の間本田氏と両家被補御家老
 候酒匂次郎左衛門久景同左衛門四郎忠胤同次郎左衛門貞資入道道阿同
 兵衛入道称阿同入道得貴同入道貞阿皆御家老にて候 貞久公以酒匂氏
 師久公に被附進候久世於千年堂切腹の時川辺の城を守候内に酒匂紀伊
 守と云者有師久公の子孫衰微故酒匂氏も衰へ申候哉と存候紀伊守か孫
 大永天文の間酒匂新左衛門川辺日当山地頭職夫より又新左衛門源左衛
 門と云有源左衛門は永禄四年典厩忠将と一所に廻にて戦死す其子新左
 衛門景宗是酒匂利左衛門父か利左衛門養子大蔵兵衛此家嫡流故御母衣
 御太刀世々致格護 公儀より宝蔵被仰付置候蒲生士酒匂某佐土原の酒
 匂源左衛門此二男家の由候酒匂兵右衛門並志布志士酒匂某も右之庶流
 にて候嫡家系図紛失右不詳
 

御霊神社(鎌倉権五郎神社)のお祭り

 投稿者:かもひろ  投稿日:2009年 9月 7日(月)19時45分25秒
返信・引用
   来る9月18日(金)鎌倉市長谷駅近くの御霊神社(鎌倉権五郎神社)でお祭りがあります。
 13時神楽、14時面掛行列とのことです。
 (17日宵宮祭とのことですが、これについては宮司さんにお尋ねするのを忘れました。)
 18日は妻と二人で、お参りする予定です。

 このお祭りについては、多くのガイドブックやインターネットのサイトでも紹介されています。
 

酒匂荘

 投稿者:かもひろ  投稿日:2009年 9月 4日(金)01時43分12秒
返信・引用
   ご先祖が相模国酒匂に荘園を賜った、という話は良く聞きますが、裏づけとなる史料についてご存知の方、いらっしゃいましたら、その古文書の名称をお教え下さい。  

土佐国守護梶原朝景

 投稿者:かもひろ  投稿日:2009年 9月 4日(金)01時34分45秒
返信・引用
   文治元年(1185)大江広元の献策により、頼朝は諸国に守護を置くことにしました。この時、梶原朝景は初代土佐国守護に任命されたとのことです。
 このことについて史料的裏打ちが欲しいのですが、ご存知の方(特に高知県在住の方)、守護地頭などについて研究なさっている方、又は史料をお持ちの方、いらっしゃいましたら詳しいお話をお教え願えませんか。
 

ご無沙汰しております

 投稿者:管理人  投稿日:2009年 8月 7日(金)20時39分50秒
返信・引用
  この掲示板、管理人の私がさぼっておりますので、かもひろさんの書き込みに依存している状態です。
これからも、書き込みをお願いします。> かもひろさん
まぁ、もともと他力本願の掲示板でしたけど。(笑)
 

元八王子の梶原八幡神社と御霊明神

 投稿者:かもひろ  投稿日:2009年 8月 3日(月)20時36分19秒
返信・引用
   ご無沙汰しております。昨年来、一族の方々のご助力を賜り、ご先祖について多くを知ることが出来ました。まだまだ調べの途中ですが、感謝申し上げます。

 梶原景時が元八王子を所領していたことを最近知り大変驚きました。昨日、家族と共に梶原八幡神社と御霊明神にお参りして来ました。
 建久2年(1191年)鶴岡八幡宮の造営が成り、遷座の際、景時は頼朝から古神体を拝領し、同年6月、現在の八王子市元八王子3丁目に奉祀し、八幡神社を建てたとのことです。景時の手植と言われる杉が30数年前まで立っていましたが、枯れて今は切り株だけになっていました。その杉を輪切りにしたものが八王子市郷土資料館(上野町)の入口に展示されているとのことです。
 景時はこの神社から1km程西側の御霊谷(ごりやつ)という谷を入った所に、先祖鎌倉権五郎景政を祀った御霊明神を建てたとのことです。

 高尾山や多摩森林科学園からも近く、田んぼや里山もあり、数十年昔にタイムスリップしたような所です。2,3週間前のNHKの大河ドラマは前田利家、上杉景勝、直江兼続らが八王子城を攻めるシーンでした。その城跡も至近距離です。
 JR,京王線共に高尾駅が最寄り駅で、そこからタクシーに乗っても大した額では有りません。高速道路をお使いなら、圏央道の八王子西インターからは南側へ4km程度です。是非お出かけ下さい。
 

御霊神社

 投稿者:ゆのき  投稿日:2009年 1月20日(火)00時46分0秒
返信・引用
   酒匂にとって由緒あるご先祖さま“鎌倉権五郎景政公”を祀ってある御霊神社に詣でてきました。
 長谷寺の近くにあるひっそりとした神社ですが鎌倉七福神の一つとして意外と賑わっていました。

http://home.e00.itscom.net/yunoki/hu910.htm

 

淑子さんへ

 投稿者:かもひろ  投稿日:2008年 9月26日(金)00時18分50秒
返信・引用
   淑子さん、

 初めてご挨拶申し上げます。ご尊家から8代前に枝分かれした子孫の、かもひろです。
 本日、ゆのきさんにお会いし、上記の事実及び、淑子さんのお祖父様と私の父が1歳しか年齢が違わず、互いに道路向かいの家同士で育ち、幼い頃は一緒に遊び、成長してからも交流があった事実を知りました。
 ところが、ゆのきさんがお帰りになって3時間くらいして、ふと思い出したことがあります。父が時々「横浜の貞夫さんが、、」と言っていたことを、です。
 私の記憶が正しければ、お祖父様は昭和30年代から40年代の半ばにかけて帰省の折り、複数回拙宅へお寄りになったのではないでしょうか。床の間で背筋を伸ばして座っていらっしゃったお姿を夢のように思い出しました。お帰りのあと「あの人は本当にきちんとした人だ。」と父が賛辞をおくっていました。

 いつか御目文字叶い、ご先祖様についてお話を伺い、お持ちの資料などありましたら、お見せ願えませんでしょうか。年金生活が始まり、一歳でも若いうちに先祖について知りたい、と思う一心です。
 

ゆのきさんそして管理人さんへ

 投稿者:かもひろ  投稿日:2008年 9月25日(木)23時29分33秒
返信・引用
   ゆのきさん、

 本日はお会いでき本当に嬉しく、心より感謝申し上げます。
 お持ち戴いた資料により、私の家は、ゆのきさんのご先祖から8代前に枝分かれしたことが資料で明確になりました。しかも、現在から遡る過去十数代の直系のご先祖について、配偶者も含め生年月日、没年月日、俗名、法名が殆ど判明しました。
 しかし、一日二日で理解できるような資料の量ではありませんので、今後とも折りに触れ、いろいろご教示くださいますならば、幸いです。

 管理人さんへ、

 お蔭様にて上記のことが可能になりました。心より感謝申し上げます。
 

レンタル掲示板
/18